第一種技能問題|早く仕上げるため施工の順番を考えてみた|No1

第一種技能問題|早く仕上げるため施工の順番を考えてみた|No1

第一種電気工事士技能試験では施工時間が60分制限となっている。

特に、No1は施工部分が多いので他の問題に比べて時間切れになることも考えられる。

ECQ講習会でもこの1番で、最初の施工はかなり時間がかかり、60分を超えてしまった人が多い。

それで、施工順番を考えてみました。時短の助けになればと思います。



電線作業に入る前にする作業

電線作業に入る前にしておく作業はまずアウトレットボックスにゴムブッシングに切れ目を入れ、ボックスに取り付けておきます。

第一種電気工事士技能公表問題

次に端子台のネジを緩めておきます。

第一種電気工事士技能公表問題

端子ネジは電線作業毎に緩めることもできますが、先に緩めておくとスムーズに進めやすい。

続いて連用取付枠に施工条件に従って3路スイッチとコンセントを取付けておきます。

3路スイッチとコンセントを取付け枠につける

これより器具に電線を取付けるパーツ作成作業に入ります

この問題ではアース線が1.6ミリと5.5㎟の2本がありますが、1.6のアース線は器具に先に取り付けておきます

第一種電気工事士技能公表問題

先に取り付けておくのは、作業が進んでいくと剥ぎ取り屑が多くなるので短いアース線などが埋もれてしまいどこかに行ってしまったり付け忘れたりすることがあるので早めに付けておきます。

高圧部分と二次側電源線を作成します