第一種電気工事士技能での思わぬ欠陥例を紹介|他人ごとではない自分もやってしまうかも

第一種電気工事士技能での思わぬ欠陥例を紹介|他人ごとではない、自分もやってしまうかも  パート1

 

2024年度から第一種電気工事士技能試験が年に2回受験できるようになった。

とは言え何とか1発で合格したいものです。

1種の技能試験では公表されている単線図通りには出題されないことが多く、施工条件が変わることにより対応できなくて不合格になってしまうことがある。

また、2種を取ってから数年たっていると欠陥になる事例が分からず昔の施工手順で進めてしまって欠陥となり不合格になってしまうこともある。

欠陥事例に関しては試験センターの欠陥判断基準についての案内があり、

電気工事士技能試験の概要と注意すべきポイント (2024年2月更新)に詳しく取り上げられている。

今回は、そうした欠陥例の中にも含まれて入るもののECQ講習会で実際にやってしまった欠陥例を紹介していきます。

デルタ結線の三相取出し部分の欠陥

一見欠陥はないように見えてしまう接続です。
第一種電気工事士技能欠陥例

デルタ結線そのものはきちんと接続されていますが、三相の取出し部分をよく見てみるとU相とV相はOKですがW相が間違っています。

正解はW相も変圧器代用のu部分に接続することです。U相V相W相とも二次側uから取り出すようにしましょう。時々やってしまう欠陥なので気を付けましょう。

ブレーカー代用端子台への極性欠陥

ブレーカーの負荷側部分の極性がNL逆になっている
第一種電気工事士技能欠陥例

第一種電気工事士技能欠陥例

本物のブレーカーを接続する時には間違わない部分ではあるのですが負荷側部分