第一種電気工事士|技能問題複線図DVDができました!

2020年度の技能の問題が公表されました。

これに伴い、ECQは第一種の公表問題複線図DVDを作成いたしました。実際に白紙から書いていきます。試験の時は自分なりに工夫して変圧器などは端子記号だけでも時短になります。

第一種の複線図に関しては、施工条件が変われば複線図も変わる場合がいくつかあります。

DVDでそのすべてを取り上げることは現実的ではないため、昨年出題された解答例をもとに複線図に反映させています。

施工条件に従うことで、複線図を正しく書くことができますが、まずは試験センターの出題例を基本として覚え、施工条件で調整することができます。




単相200Vの電源取出しなどはU相、V相の電線の色はどちらでもいいのでは?

単相200Vなどの変圧器からの電源取出しはU相、V相から取出しますがU相を白色にするか黒色にするか普通はどちらでもいいので気にしないのですが、試験では電源取出しの際の色が指定される場合があります。

たとえば、NO1がそれにあたります。試験で出された変圧器結線図をご覧ください

No1の電源取出し

200V電源の結線はU相に黒、V相に白が指定されています。この場合は施工条件として図3に従って結線することになっています。本来、電線の色はどちらでもいいのではないかということで本番で電線の色を逆にした場合、不合格となります。

ECQ第一種複線図DVDではこの点を含め、試験センターでの施工条件を優先的に作成しています。

電源表示灯・運転表示灯の接続の相に注意

第一種複線図を書くにあたってNO5、NO6、NO8などには電源表示灯および運転表示灯が出てくる問題があります。こうした表示灯をどの相に接続するかも施工条件で指定されます。

たとえば試験センターのNO6の運転表示灯の接続条件を見てみますと

 

運転表示灯は負荷側U相とV相に接続されています。ここをV相とW相に接続して不合格になった方もおられます。以前は同じ問題でもV-W間で接続するという条件がありましたので、施工条件は毎年変わる可能性を想定しておくことは大切です。

ECQ第一種複線図DVDでは昨年の出題例をもとに作成していますが、今年も同じ条件で出題されるとは限りません。

ECQ複線図DVDでは第2種の基本をすでに会得していただいているという前提で、複線図を書いていますので、事細かに説明しているものではありません。第2種での複線図の書き方を会得していない方には説明不足的に思えるかもしれませんのでご了承ください。第2種の公表問題などの複線図などは電工2種ECQサイトをご覧ください

施工条件に関しては施工条件のページをご覧ください。

第一種技能問題NO2の複線図の動画です。 実際に白紙から書いていきます

この機会に、ぜひ第一種技能複線図DVDをお求めください。

第一種「技能収録DVD4枚組+複線図DVD]セット 5500円(税込)

第一種複線図DVD 1500円(税込)

 

DVD申し込みはこちらから