第一種電気工事士技能|電工ナイフで痛い目にあったのでこんな工具を調達してきました!

今回、講習に参加いただきましたT様。4年前の第二種電気工事士の技能試験で電工ナイフを使用中に指を切ってしまい、出血をぬぐいながら問題をなんとか完成されたようです。

かなり、切ってしまったにもかかわらず、服でかばいつつ、完成後の電線に着いた血の跡を消すために何度もふき取った経緯をお持ちでした。

そんな中、今回はその時の「トラウマ」でしょうか。第一種でも電工ナイフを一切使わなくても問題を仕上げるべく、剥ぎ取り工具も調達してきました。


KIP線は電工ナイフで剥ぐのが一般的ですが、こんな工具があった!

Tさんが調達してきたのがこれです。

タジマ ムキチョッパ (ケーブルストリッパー) DK-MC40

タジマのムキチョッパという工具です。その威力を見せていただきました。

KIP線をムキチョッパで剥ぎ取り動画(あっという間に終わります)

これは、少しゆっくり目にお願いして撮影しました。本当はもっと早くKIP線の剥ぎ取りをこなしておられました。

この工具はCV,CVT専用の剥ぎ取り工具のようですが、KIP線の剥ぎ取りに代用したのは驚きでした。タジマのサイトもCVTの剥ぎ取り専用なので使い方はCVの剥ぎ取り方法を紹介しておりますが、KIPの剥ぎ取りにも有効と言うことが分かりました。

電工ナイフの場合は「刃」が一方方向からしか切り込めませんが、この工具なら挟み撃ち状態で、上下から切り込みを入れられるので切り込み速度は倍になると言うことになります。

安全にKIP線を剥ぎ取るなら使ってみる価値はあります。

もし、技能試験で電工ナイフの痛い経験をお持ちなら、この工具を代用工具として使ってみるのもありかも。








第一種電気工事士技能|必須の電工ナイフは試験の前に開いた状態で準備しておこう